大人になりたくない。だったら、ステキな大人になろう。

人間関係

※当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

逸

こんにちは、作曲家の逸@itsu_guitaristです。

わたしは昔から「大人になりたくない」って思ってました。

どうせ大人って

すぐ他人を否定して、

イヤイヤ会社に行って、

波風立たないように生きてるんだろうな。

って、思ってたからです。

ですがある日、

作曲の先生から頂いたメールを見て、

「こんなステキな大人っていたんだ」

って、感動したので

今回はその話をさせてください。

先生から頂いたメール

作曲には、ミックスという工程があります。

わたしはこれが難しくて、

以前は2年くらいかかっていたんですが、

先生のお陰で、

1ヶ月半に短縮することができました。

ですが、生徒の中で、

「2日」で作業が終わっちゃう人がいて、

わたしは引け目を感じていました。

逸

他人と比べて、落ち込んでたんだ。

だから、先生に

「2日でやっちゃう人もいるのに、

私なんかが、成長したって言えるんでしょうか」

ってメールしてみたんです。

すると、次のように返してくださいました。

他人と比較することはあまり意味がないですが、

逸さんのように「過去の自分より、16倍早くなった」という、

自分との比較はとても希望になると思います。

感動・・・感動しました。

過去の自分と比べればいい。という言葉に勇気づけられたし、

こうやって、

「自分の考えを話してくれる大人」が、

この世に居たんだ!

って、手が震えるほど感動しました。

逸

この世に、まだ希望があったんだ。

自分の考えを持つって、なかなか難しい

先生のように、

自分の考えを持った大人になりたいけど、

それって、なかなか難しいですよね。

「他人と比べて引け目を感じる」

と言われたら、

きっと多くの人は、

「人それぞれ得意・不得意があるからね」

または、

「逸も頑張って!きっと上達するよ。」

って、言うと思います。

なんだろう…。

自分の考えっていうか、

どこかで聞いたことあるフレーズを、

そのまま言っている感じがします。

先生みたいに、

「他人と比べるより、

過去の自分と比べると良いよ」って、

自分の中で考えて、

それを言葉にしてくれる人は、とっても少ないです。

逸

自分の考えを言うって、なかなか難しい。

先生みたいな大人になりたい

先生と他の人と何が違うんだろう。

特別なところって、なんだろう。

って考えた時に、

先生って、「めっちゃ挑戦する人」なんです。

例えば、

  • カナヅチだったけど、25歳で一念発起して、プールに通い始めた。
  • 一度就職したけど、音楽で生きる決心をして、28歳で仕事を辞めた。

このように、

「言い訳せずに、やりたかったことを始めるところ」

特別なところだな、と感じます。

こう思うと、

冒頭の、わたしが嫌いな大人は、

挑戦したことがない大人」のような気もします。

「普通の人はこうするんだよ」とか

「現実ってこんなもんだよ」とか

屈折したことを言う人って、

そういえば、みんな

「挑戦しない人」でした。

逸

どんな大人が思い浮かびますか?

挑戦する姿勢を取り入れる

挑戦って・・・

じゃあ、何から始めたらいいんでしょうか。

わたしは、

小さい挑戦をするのがいいと思います。

小さければ小さいほどいいです。

習慣作りの技法で、

最初の一工程だけやってみるという方法があります。

例えば勉強なら、

教科書を1行だけ読む、など。

おそらく、1行だけじゃなく、2行3行続いて読めますよね。

簡単なことから始めると、

勢いがついて、もっと先のことまで進められます。

いくつか挙げてみます。

  • 気になっていたカフェに入ってみる。
  • 外食する時に、いつもと違うメニューを選ぶ。
  • いつもと違う道で、学校or職場へ行ってみる。
  • オススメされたアプリを使ってみる。(地図アプリ、画像編集アプリなど)
  • 旅行代理店で海外旅行のパンフレットだけもらってくる。
  • ギター教室の無料体験講座に参加してみる。

など、

やりたかったことの「ステップ1」だけやってみるというイメージです。

今日小さい挑戦をする。

明日も小さい挑戦をする。

そうやって、

身体を挑戦に慣れさせると、

少しずつ大きな挑戦もできるようになります。

これは、

「スポーツの構え」をイメージしてみてください。

野球でも卓球でもテニスでも、

少し足を曲げて、体勢を低くした状態で構えます。

(小刻みに揺れたり、小さく足踏みしておく場合もありますね)

棒立ちで突っ立っていたら、

ボールが来たぞ!って時に

なかなか反応できない。

でも足を曲げて、

身体を準備しておけば、

近くに来たボールは、ちょこっと動くだけで取れるし、

遠くに行った時も、すぐ走れるからボールに追いつける。

小さい挑戦をちょこちょこして、

身体を準備しておくと、

大きい挑戦も、取り組みやすい。

「もう○○歳だから」

「他に上手い人いるから」

って言い訳しづらくなると思うんです。

ステキな大人になろう

大人になるのは避けられない。

それだったら、

ステキな大人になろう。と思うんです。

ステキな大人になるには、

自分がステキだと思う人の、

特別なところを取り入れること。

特別なところとは、

その人と、他の人が違うところです。

それを小さいことからやる、

むしろその方が、始めやすくて続けやすい。

だんだん進んだことができるようになり、

その効果も大きくなっていくはずです。

言い訳ばかりする大人になるのは嫌だけど、

「ステキな大人」になるのは、

きっと楽しいことだと思いますよ。

逸

ステキな大人、なら

大人になるのも悪くないな。

人間関係 日々のモヤモヤ
逸

作曲家・ギタリスト

「親子の悩みがあっても、必ず前向きに生きていける!」

中高生の進路選択で大モメ→両親と分かり合えないことがコンプレックス。
でも音楽・ギターに出会えたおかげで、こんなに笑顔でいられます🐨🎸

ブログでは、
「あなたが、あなたの人生を生きる」ためのアイデアを発信しています。

\フォローしてくれてありがとう/
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
\フォローしてくれてありがとう/
スポンサーリンク
逸 OFFICIAL BLOG 「どんといけ、どーんと!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました