【乳化剤不使用チョコ】昨年「第3世界ショップ」が美味しすぎたので、今年は「5種類」のオーガニックチョコを食べ比べてみた!

オーガニック・フェアトレード

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

昨年度(2023年)の2月、

参加したセミナーで「第3世界ショップ」のチョコレートを食べてから、

「乳化剤不使用チョコ」の虜になってしまいました。

逸

こんにちは、作曲家の逸@itsu_guitaristです。

それまでは、

「甘いものは、何でも美味しいでしょ。

どのチョコも一緒。」

そう思っていたわたしですが、

第3世界ショップは、濃厚+とろける美味しさで、

「チョコレートの域超えてる!」と度肝を抜かれました。

逸

チョコって奥が深いなあ。

ですが今期、

チョコレートシーズンになり、

乳化剤不使用なら、全部美味しいのかな。

この他にも、美味しいチョコがあるかもしれないぞ

と探究心がムクムク湧いてきました!

逸

←美味しいものは、やる気満々。

そこで今回は、

乳化剤不使用チョコ「5種類」

を食べ比べ、その感想を記事にまとめました。

第3世界ショップと同じく、

ココアバター以外の「植物油脂」が使われておらず、

すべて「オーガニック」で、

フェアトレードなど「公正な取引」をされたチョコレートを集めました。

ぜひこの記事を参考にして頂き、

甘〜いチョコで、寒い冬もニコニコ過ごしてくださいね!

パパッと!要点

〜〜〜〜1位&2位の頂上決戦〜〜〜〜

【第1位】第3世界ショップ

【(僅差で)第2位】ステラ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第3位】ムソー

【第4位】アルチェネロ

・・。

・・・。

【第5位】ピープルツリー

(個人的には好みじゃなかったかな。)

という感じ。

当初、

第3世界ショップ一人勝ちなんじゃないのー?

と思っていましたが、

「このチョコ美味しい・・・

え、このチョコも美味しい!」と、

どのチョコもレベルが高くて、正直ビビりました。

逸

今のチョコってすごいね。

ほとんど全てリピートしたい美味しさでしたが、

ひとつだけ。

どうしてもお伝えしたいのは、

チョコは、

常温で(室温の状態で)食べて頂きたい!

ということ。

逸

ほんっとに大事。

「乳化剤不使用チョコ」のとろける美味しさを味わって頂くために、

もし冷蔵庫に入れた場合は、

しばらく外に出しておいてから、お召し上がりくださいね!

【第5位】ピープルツリー「オーガニック ミルク」

口溶けが良く、

とてもこだわって作られたチョコだと感じますが、

「甘さに少しクセがあるな」と感じました。

甘味料に、

「黒糖」のみを使用されているからか、

個人的には、チョコレートっぽくない甘さに感じてしまいました。

原材料:有機黒糖、有機ココアバター、有機全粉乳、有機カカオマス、有機粉状ヘーゼルナッツ

日本でフェアトレードチョコと言ったら、

「ピープルツリー」「第3世界ショップ」

が二大巨頭だと思いますが、

個人的には、

俄然、第3世界ショップをオススメします。

(今回1位ですし。)

逸

第3世界ショップは、

黒糖&粗糖が使われていて、味のバランスが良かったよ。

【第4位】アルチェネロ「有機ミルクチョコレート」

口に入れた瞬間、

カカオとバニラの香りが、一気にふわっと漂ってうっとりしました。

逸

香料入ってないのに、これはすごい。

やわらかい甘さでクセがなく、
ミルクのコクもあるので満足感があります。

ただ、

第3世界ショップのコクと比べると、あっさり目ではあります。

原材料:有機砂糖、有機ココアバター、有機全粉乳、有機カカオマス、有機バニラ

【第3位】ムソー「ビヨンステッドチョコレート ミルク」

口当たりがとってもなめらか!

板チョコなのにパキッとならず、

歯を当てると、しっとりチョコが分かれる感じで、

ミルク・・・というより、

クリームのようなコクがある、まろやかなチョコレートでした。

逸

公正な価格で取引されたカカオを使って、

“ビーン・トゥ・バー”で作られたチョコだよ。

口溶けも、

舌の上に置いたそばから溶けていく。

って感じでとても素敵なんですが・・・

今回「一番甘いチョコ」だったので、

わたしは、

1位・2位のチョコの方が自然な甘みで、

全体の味のバランスも良く感じました。

原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、クリームパウダー、脱脂粉乳/バニラ香料

逸

EUオーガニック認証だよ。

ですが、甘いのが悪いわけじゃなく、

うちの母は、

甘い、美味しい。って分かりやすいから、

「これが一番好きだわー!」と言ってましたよ。

【第2位】ステラ「オーガニック ミルクチョコレート」

「甘さ」がベストバランス!

親しみやすく自然な甘さで、

「ミルク感多め」なチョコと非常にマッチしています。

本当に、舌の上に乗せた瞬間から溶けていき・・・いや、トロけていき、

この口溶けは病みつきになります。

原材料:有機砂糖、有機ココアバター、有機全粉乳、有機カカオマス/バニラ香料

「ステラ」と「第3世界ショップ」。

正直、どっちが1位か決められないくらい美味しくて!

ステラひと口食べて、

第3世界ひと口食べて、またステラ・・・

って、数日悩んでいたんですが笑

ミルク感多め+口溶けの良さなら、ステラ。

濃厚さ+香りの豊かさなら、第3世界ショップ。

と感じたので、

お好みに合わせて選んでみてください。

【第1位】第3世界ショップ「有機ミルクチョコレート」

30年近く、

「チョコなんて全部おいしいよ。安けりゃ良いよ。」と思っていたわたしが、

以前衝撃を受けたのがこちら。

「今まで食べたチョコレートは、

本当のチョコレートではなかった」と思うほど、

カカオとミルクの「コク」が、

ギュッと濃縮されていて、

とーっても濃厚です!

こちらのチョコに出会うまで、

「香り」なんて気にしたこともなかったですが、

食べる前から、

バニラとカカオの香りがふわーっと漂って、

口に入れると、

もう、鼻から口からアロマが溢れます!!

逸

香料不使用なのに。

ちなみに、下の2つは、

パッケージ&内容量が違いますが、

中身は全く同じチョコレートです。

原材料も同じ。

原材料:有機全粉乳、有機粗糖、有機ココアバター、有機カカオマス、有機黒糖、有機ヘーゼルナッツ粉、有機バニラ

食べ比べをして、

2位のステラも非常に美味しかったですが、

香料ではない「チョコそのものの香り」と、

ミルクチョコの域を超える「濃厚さ」が、

わたしは好きだったので、

やっぱり「第3世界ショップ」を、

プレゼント用にリピートしました!

右下も第3世界ショップ。

チョコがけナッツ「アールグレイチョコ×くるみ

限定パッケージ 50g▼

逸

パッケージは、毎年変わるよ。

いつもカラフルで可愛いんだよね。

100g▼

まとめ

今回は、

「乳化剤不使用チョコレート5種類」を食べ比べた感想をお伝えしました。

ポイントをまとめるとこんな感じ▼

【第1位】第3世界ショップ「有機ミルクチョコレート」

→「コク」がギュッと詰まってる。

今回一番「濃厚」なチョコ。

バニラとカカオの「香り」が溢れんばかり。

【(僅差で)第2位】ステラ「オーガニック ミルクチョコレート」

→「甘さ」が非常に自然。口溶けも良い。

第3世界ショップより「ミルク感多め」。

【第3位】ムソー「ビヨンステッドチョコレート ミルク」

→口当たりがとってもなめらか!ミルク感多め。

今回一番「甘さが強い」チョコだった。

【第4位】アルチェネロ「有機ミルクチョコレート」

→「やわらかい甘さ」でクセがなく、ミルクのコクもある。

【第5位】ピープルツリー「オーガニック ミルク」

→甘さが独特だったので、わたしはリピしないです。

印象的だったのは、

「第3世界ショップ」と「ステラ」が、

どちらも優劣つけられないほど美味しかったこと!!

一生第3世界ショップ食べ続ける!

と思っていましたが、笑

食べ比べて初めて分かる発見があり、

楽しかったです。

ぜひ皆さんも、

素晴らしい口溶けの「乳化剤不使用チョコ」で、

身も心も癒やされてくださいね!

逸

寒い冬もチョコで楽しもう♪

第3世界ショップでは、こちらもお気に入り▼

オーガニック・フェアトレード 美容・健康
逸

作曲家・ギタリスト

「親子の悩みがあっても、必ず前向きに生きていける!」

中高生の進路選択で大モメ→ずっと、両親と分かり合えないことがコンプレックス。
でも音楽・ギターに出会えたおかげで、
こんなに笑顔でいられます🐨🎸

ブログでは、
「あなたが、あなたの人生を生きる」ためのアイデアを発信しています。

\フォローしてくれてありがとう/
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
\フォローしてくれてありがとう/
スポンサーリンク
逸 OFFICIAL BLOG 「どんといけ、どーんと!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました