「子供は人生経験がないんだから口ごたえするな」っていうけど、経験豊富な大人だってほぼいません笑!

人間関係

※当サイトはアフィリエイト広告による収益を得ています。

「身近にいる大人が味方になってくれない」

と、失望しているそこのあなた!

逸

こんにちは、作曲家の逸@itsu_guitaristです。

わたしは進路選択で親と決裂したことがあり、

いろいろな言葉を言われましたが、

「子供は人生経験がないんだから、大人の言うことを聞け」

この言葉は、強烈に頭に焼きついています。

そうか、子供は経験がないんだ。

早く経験が欲しい、経験のある大人になりたい。

ずっとそう思ってきました。

きっと皆さんも、

似たような体験をしたことがあるんじゃないでしょうか。

ただ、今回どうしてもお伝えしたいのが、

いやいや、

大人だって、そんな胸張れるほど経験豊富な人ほぼいないよ??

ってことです。

逸

まじでいません笑!

今回は、

どこからどう見ても大人。なわたくし逸が、

皆さんのモヤモヤを取り去っていきます!

元気よくいきましょう!

わたしの経歴

大学卒業後、一般企業で6年勤務し退職。

今はフリーランスとして、音楽を作ったり、ブログ等で情報発信をしています。

言葉のマジック

わたしのことを少し話すと、

中学3年生のときに、

「高校に行かず、歌手になりたい」と言った時、

父・母・祖父・祖母全員から、

総反対を食らったことがありました。

逸

今ではネタにできるけど、

当時は絶望したなあ。

そこで言われたのが、

「子供は人生経験がないんだから、大人の言うことを聞け」

この言葉ですよ・・・。

ただ、ここで落ち着いてもらいたいんですが、

子供=経験ない

って聞くと、

大人=経験豊富

って、つられて聞こえてきませんか?

ここが言葉のマジックです。

確かに子供は、経験が少ないのは当たり前かもしれませんが、

大人が全員経験豊富かというと、そうではありません。

人によります!!!

逸

本当に格差が激しいよ!

大人=経験豊富とは限らない

その理由は、

結局、大人も狭い世界の中で生きている人がほとんど。

だからです。

もしここに、

めちゃくちゃお金持ちで(年収3億くらい)

自分で会社を立ち上げて、

アメリカで2年くらい留学してたことがある。

という大人がいるとします。

確かに、

その方の言うことは、信頼できるような気がしますよね。

・・・が、そんな人ってなかなか身近にいないんじゃないでしょうか。

「どこに行けば会えるの?」

って感じですよね。

わたしの家族もそうです。

祖父母は教師、父は市の職員、母は専業主婦。

つまり、大人は大人でも、

学校卒業後、ひとつの職場でしか働いたことのない大人。

なんです。

逸

つまり、学生と比べて、

ひとつの世界しか増えてないんだよね!

やったことしか経験にならない

いやいや・・・確かに毎日仕事に行くのは大変なことです。

わたしも一般企業6年で勤務しましたが、

いろんな性格の同僚・上司がいて、非常に気を遣いました。

ひとつの会社で働いただけでも、

大きな経験になったと思います。

・・・が!

退職してフリーランスとして、やっていく中で、

わたし会社員の頃は、本当に頭からっぽで仕事していたな!!!

って、気づくことが多いんです。

代表的なのはこんな感じ👇🏻

  • 1種類の仕事だと、社会変化に対応できないという危険性もある。
  • 資格がなくても、仕事を受けて生計を立てている人がたくさんいる。
  • 公務員は副業が禁止されているというデメリットもある。

これらは、フリーランスをやってみて初めて分かったことで、

たとえ会社員を何年・何十年やったところで気づけないことだと感じます。

つまり、

年齢に関係なく、

実際にやったことしか経験にならない

ということです。

もちろん、会社員で、

とても深い考えを持っている方は、

たくさんいらっしゃいます。

でも、

会社員のことは会社員をやった人にしか分からない。

フリーランスのことはフリーランスをやった人にしか分からない。

どんな仕事だって、そうだと思います。

メリットもデメリットも、やった人にしか分かりません。

デメリットだって、やった人にしか分からない

わたしは就職する前に、

母から、

「会社員はノルマが厳しくて達成できないとリストラされるよ」

って言われたことがありますが、

バカバカしすぎて、思い出しただけで笑っちゃいます。

逸

ナゾ理論すぎる笑!

日本の会社はそう簡単にクビにできません。

非常に協調性がない・長期間欠勤しているなど、

明らかに会社に損害を与えていない限り、

一方的にクビにはされません。

(労働契約法第16条で定められています)

わたしが会社員としてしんどかったのは、

そんな「ノルマ」なんかじゃなくて、

  • 早く帰れる部署もあるのに、わたしの部署は残業ばかりなこと
  • 就業時間が頻繁に変わること(今まで8:30開店だったのに、今年から8:00に変わるとか)

など、仕事内容に納得できなかったことです。

そう思うと、

ノルマを経験したこともないのに、

「リストラされるかもしれない」と言った母の言葉って、

いかに信ぴょう性がないか分かりますよね。

逸

問題はそこじゃない笑!

やったことない人の言う、

「危険だ、不安だ」って、

本当に当てにならないものです。

年齢とか関係ありません。

だって、

やったことがないんですから。

大人だろうが子供だろうが、

やってもいないことの「本当の危険性」なんて、分かりっこありません。

今後の方針と対策

でも、だからといって、

「大人だって経験ないくせにー!」

って、ケンカ売っちゃダメですよ

相手を怒らせると、

話がこじれたり、

分かり合えるものも、分かり合えなくなってしまいます。

逸

怒らせちゃダメだよ💦

ひとつおすすめできるのは、

まずは、小さく始めてみる

ことです。

これは、ビジネスの世界で良く言われることで、

はじめから「大きい会社を作ろう」とすると失敗するリスクが高いけど、

まずは副業から始める。

小さいお店から始める。

そして売上が増えてきた後で、

少しずつ会社を大きくしていけば、

失敗しにくいし、

たとえ失敗しても、傷が浅くて何度でもやり直せるというものです。

「早く結果出したい、見返したい!」

という気持ちも分かるような気がしますが、

一度、

「子供は経験ないんだから・・・」

って言われたのなら、

できることやるしかないじゃないですか?!

やりたいことを長く続けていくためにも、

まずは小さなことから始めてみましょう。

「小さなことから始める」の具体例

ここでは、

わたしが自信を持ってお伝えできる、

「音楽」を例に挙げます。

音楽以外でも、

皆さんのやりたいことと共通する部分があると思いますので、

参考にしてください。

例えば、

「音楽活動で成功したい」という夢があるとします。

そしたら、

  • 市や町のイベントに出演してみる。
  • 歌や演奏の動画をアップする。
  • ライブ配信をする。

こういったことを始められると思います。

市や町のイベントに出演してみる。

安全性では、これが一番ですね。

「いや田舎だから、イベントなんかないよー」って思うかもしれませんが、

「○○市 音楽イベント」

「○○町 出演募集」

などと、検索してみてください。

意外と出てきます!

岐阜出身のわたしの地元でも、

市民ホールや公園で、

音楽祭やマルシェをやっているくらいなので、

探せば必ずあるはずです。

逸

わたしの実家もなかなか田舎だけど、毎年あったからね!

また島村楽器さんでは、

誰でも参加できるインストアライブが開催されていて、

ストリートライブ感覚で歌ったり演奏したりできます。

島村楽器では練習スタジオやショッピングセンターのオープンスペースを会場に

気軽に参加できる『ライブ』や『コンサート』イベントを

お手軽な料金で定期的に開催しています!

島村楽器公式サイトより引用
インストアライブ・小さなコンサートしよう! | 島村楽器
島村楽器では、練習スタジオやショッピングセンターのオープンスペースを会場に気軽に参加できる、『ライブ』や『コンサート』イベントを定期的に開催しています。

わたしも学生の時に2回ほど参加したことがありますが、

参加料を払えば誰でも参加できるし、

(学生だと税込550円くらい)

街中でやるストリートライブと違って苦情がくることもないし、

楽器屋さん主催なので、とても安心して利用できました。

音楽活動がしたい!という方は、

近くの楽器屋さんでライブイベントがないか、

確認してみるといいですよ。

イベントへの参加は、

18歳未満の方だと、

保護者の同意が必要になるとは思いますが、

「上京したい!」

「オーディション受けたい!」

って、いきなり大きなことを言うよりは、

OKもらえる確率が上がるんじゃないでしょうか。

理由なんて何でもいいんですよ。

「人前に出る度胸をつけたい」

「誰かの前で、緊張せずに話す力をつけたい」

で、いいんです。

逸

ただし、それでもダメって言われることはあるけどね。

あきらめずに「他の手段」を考えよう!

確かに、

イベントに出ただけで将来への道は開けないかもしれませんが、

「お客さんの反応」

「自分がどれだけ本番で力を出せるか」

「人前で間違えた時に、どうフォローすればいいか」

など、学ぶことがたくさんあります。

逸

やった分だけ、必ず得られるものがあるよ。

歌や演奏の動画をアップする。

ここからは、

「スマホをフルに活用しよう」という内容です。

わたしが10代の頃って、

駅や繁華街でひたすらストリートライブをする。

というのが定番だったんですが、

これからの時代、ネットがあれば可能性は無限大だと思うんですよね。

YouTube、TikTokなど、

無料で動画をアップロードできるSNSがたくさんあります。

動画もスマホだけで、撮影から編集まで充分できます。

逸

わたしが上げてるギター講座動画も、

スマホで撮ったものがあるよ。

【ギター講座】チューニングが安定する!エレキの弦交換【失敗談あり💦】

そして、

ぜひ、カバー曲をアップロードしましょう。

これで充分です。

個性出さなきゃ、オリジナル曲作らなきゃ。

って焦るかもしれませんが、

はじめて見るお客さんって、

意外とカバー曲の方がノッてくれます

わたしもストリートライブの時はカバー曲と自分の曲をやるんですが、

やっぱり、カバーの方が足を止めてくれる方が多いですよ。

逸

YouTubeも、

弾いてみた動画の方が、伸びが良い印象。

自分の曲を歌いたい!というなら、

そちらが優先ですが、

そうでなければ、

皆がよく知っている曲のカバー動画を上げてみるのがオススメですよ。

顔出しについて

また、

必ずしも顔出しする必要はない

ことも覚えておいてください。

やはり顔を出すことで、

トラブルに巻き込まれる危険性は高くなります。

それに顔をうつさなくても、

音楽活動って、充分できるんですよ。

顔出ししないアーティストといえば、

Adoさんは有名ですよね。

【Ado】うっせぇわ

また、

2020年に放送されたドラマ「テセウスの船」の主題歌で一躍話題となった、

女性シンガーソングライターのUruさんも、

YouTubeにカバー動画を投稿しながら、ファンを集めたそうですが、

活動当初は、ほとんどお顔が見えない状態の動画が多いです。

高嶺の花子さん back number (女性が歌う高嶺の花子さん)ピアノアレンジ COVER by Uru

このように顔が見えてなくても、

工夫しだいで、

素敵な動画を作ることができます。

首から下だけうつす、

横顔だけうつす、

シルエットで登場する、

やり方はたくさんあります。

動画を撮る前に、

顔を出すことのメリット・デメリットについて、

一度よく考えてみてくださいね。

逸

ネット上に上げたものは、

一生残ってしまうからね。

ライブ配信をする。

実際にストリートライブやスタジオライブをしなくも、

配信アプリを使えば、

オンライン上でライブができます。

YouTubeライブは、

チャンネル登録者が50人以上でないと配信できないという決まりがありますが、

インスタライブやツイキャスなど、

フォロワー数に制限がないものもあります。

ライブ配信と聴くと、

音楽やダンスのイメージが強いですが、

以前見た、

ハンドメイド作家さんのライブ配信がなかなか面白かったですよ!

「真鍮リングの制作過程をライブ配信します!」って言って、

工具見せてくれたり、

ウィーンって金属を磨くところ見せてくれたりして、

30分くらい見入っちゃいました。

別に音楽じゃなくても、ライブ配信って面白いですよ。

作品を紹介する、

ファッションを紹介する、

練習風景を配信する・・・など。

アイデアによって、どんなことも魅力的なライブになると思います。

日本では、基本的にどのSNSも、

13歳以上でないとアカウントが作成できません。

(YouTube、Instagram、TikTok、Twitterすべてそうです)

また、Instagramは16歳未満のアカウントが非公開です。

これは、相手からフォローされて、

あなたが承認した人にだけ投稿が見られるという仕組みです。

SNSでトラブルに巻き込まれない方法

YouTube、Instagramの話が出たので、

ネット上のトラブルに巻き込まれない方法をお伝えしておきます。

特に、

住所・学校に関わる物に注意

です。

「住所なんて、言うわけないじゃーん!」

って思うかもしれませんが、

インスタで位置情報を設定していませんか?

こんなの👇🏻

住んでいる場所の近くで撮った写真をたくさん上げると、

個人情報が流出する危険が増えます。

自分の部屋で撮るときも、

制服やスクールバックが写りこんでいると、

校章や、○○高校という印字で個人が特定されてしまうこともあります。

撮影前に、

個人情報になるものがないか確認してから、

撮影・配信するようにしましょう。

まとめ

今回は、

「子供は人生経験がないんだから口ごたえするな」

という言葉について、

正真正銘大人。なわたくし逸が、

反対意見&今後できることをお伝えしました。

なぜ反対と言えるのかというと、

  • 「子供=経験ない」と言われても、「大人=経験豊富」とは限らない。
  • 年齢に関係なく、やったことしか経験にならない。
  • メリットもデメリットもやった人にしか分からない。

こういった理由がありました。

夢や挑戦に向けて、皆さんにお伝えしたいのは、

  • まずは小さなことから始めるのが、失敗しにくく、長続きする。
  • 地域のイベントなど、小さいけれど安全性が高いものはおすすめ。
  • スマホをフル活用して、動画のアップロードやライブ配信をする方法もある。

ということです。

スマホを活用することについて、

必ずしも顔出しする必要はないし

住んでいる地域や学校に関わるものが、

写ったり、しゃべったりしないよう、

注意を忘れないでください。

逸

最初は小さいことから始めて、

だんだん規模を大きくしよう♪

わたしは大人で・・・とは言いましたが、

わたしも皆さんと同じで、

「音楽と言葉で、皆の心を元気にする」

という夢のために、

今まさに頑張っている最中です。

逸

まだまだ挑戦中!

今皆さんは、

大人は冷たいと感じているかもしれませんが、

大人だって、

全員が全員「夢が無駄」と思っているわけではありませんし、

そもそも、

人生で何かひとつ一生懸命になったことのある人は、

誰かの夢や挑戦を馬鹿にすることは決してありません。

なぜなら、

一生懸命やることがいかに大変で、いかに大切か、知っているからです。

逸

とてもじゃないけど、

一生懸命な人を馬鹿にするなんてできない💦

ぜひ皆さんには、

否定ばかりする大人ではなく、

夢を応援する大人を信じて頂きたいと思います。

逸

わたしは、ハリポタの作者J・K・ローリングさんと、マザーテレサがお師匠さんだと思ってるよ笑!

あなたへのおすすめ👇🏻

わたし、恋愛向いてない!って悩んだ時に聴きたい曲『強くなれたなら』👇🏻

【恋愛向いてない!悩んだ時に聴きたい曲】逸『強くなれたなら』Music Video
人間関係 日々のモヤモヤ 親子関係
逸

作曲家・ギタリスト

「親子の悩みがあっても、必ず前向きに生きていける!」

中高生の進路選択で大モメ→両親と分かり合えないことがコンプレックス。
でも音楽・ギターに出会えたおかげで、こんなに笑顔でいられます🐨🎸

ブログでは、
「あなたが、あなたの人生を生きる」ためのアイデアを発信しています。

\フォローしてくれてありがとう/
\この記事が役に立ったらシェアしてね/
\フォローしてくれてありがとう/
スポンサーリンク
逸 OFFICIAL BLOG 「どんといけ、どーんと!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました